4.11ビラ


あなたは解雇した、もう日東整の社員ではない


就労意思表示行動


 SNW NTM分会は、日東整が行った解雇は不当であるとし、4月1日から就労意思を表示するために、日東整に出勤しています。

 私たちは通常通りに出社し、労務担当取締役のところに出向き、業務指示をしてほしいと申し出ています。すると「あなたは3月31日に解雇しました。もう日東整の社員ではないので出社に及びません。」と言われます。

 日東整は未だ清算会社にはなっておらず、現在取締役1名を含むJALからの出向者6名、嘱託社員1名、派遣社員3名、日本飛行機からの転籍者1名が出社し業務をしています。

 未だに再就職が決まらないプロパー社員の身分保障くらいは出来るはずです。それもせず一方的に失業者にする事が、正しい経営責任の果たし方でしょうか。

 今まで団交の中で繰り返していた「最大限の努力」を、「JALグループをはじめとする継続した雇用の確保」という形で示していただきたいと、私たちは考えます。

ページ先頭へ 前へ 次へ ページ末尾へ