ANA客室乗務員の正社員採用に関して(談話)


ANAは昨日、「2014年度から客室乗務員を正社員として採用する」と発表しました。

私たち客室乗務員連絡会(客乗連)は、契約制が導入された1994年以降、一貫して「契約制ではなく正社員としての採用を」と訴え、国土交通省への働きかけ等を行ってきました。

今回、大手航空会社であるANAが正社員採用への切り替えに踏み出したことは、私たちの運動の成果でもあり歓迎すべき事といえます。

今回のANAの決定を契機に、他社、とりわけ3年又は5年までの有期雇用としているLCCや外航日本人客室乗務員についても、正社員での採用に切り替えるべきと考えます。 

保安要員である客室乗務員の雇用不安をなくすことは、ものが言いやすい職場に変わる事であり、空の安全にもかかわることです。

私たちは引き続き、安定した雇用と人間らしく働きつづけられる職場をめざし、取り組んで行く決意です。

引きつづき皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

                        2013年8月20日                                  客室乗務員連絡会