JAL契約制CA雇い止め裁判における最高裁決定について


JAL契約制CA雇い止め裁判における最高裁決定について  


 10月22日 「JAL契約制CA雇い止め裁判」で、最高裁は上告棄却の不当決定を出しました。

これにより、JALが原告CAに行ったパワハラは確定しました。

 私たちは会社に対し、原告への謝罪、慰謝料の支払いを求めるものです。

一方で、原告CAの職場復帰は認められず、退職強要を行った管理職の査定、雇い止めをそのまま認めるという納得できない最高裁決定となっています。

 訓練も業務も全く正社員と変わらないにもかかわらず、正社員であれば問題にならないような、「ジュースを注ぐ位置が高すぎる」「マニュアルの差し替えをしていなかった(持参して乗務していたにもかかわらず)」 等のささいなミスで雇い止めされた、その不合理性は裁かれず、会社の判断を丸のみした不当な判断となっています。

 私たちは今後も「パワハラ、人権侵害のない職場の実現」と「正社員化」を求め、運動を広げて行きたいと思います。

これからも皆さまのご支援をお願いいたします。

                      2013年10月26日

                      客乗連絡会 事務局