トップページ

最新情報

航空機ドアに1名以上の客室乗務員の配置と
保安要員として国家ライセンスを求める署名
<署名用紙はこちら>
5月21日
労組の要求実る JAL、787のCA1名増員
日本航空がボーイング787の客室乗務員の編成数を7名から8名に変更することを明らかにしました。編成増はCCUなど3労組が要求していました。

5月16日
航空連は5月14日、2024グラハンセミナーを開催し、グラハン労働者を取り巻く環境変化と今後の課題について共有をはかりました。詳細は「フェニックス」6月号でお知らせします。