トップページ

最新情報

5月22日
ジャパンキャビンクルーユニオン(JCU)組合員が、KLMオランダ航空に雇止め撤回を求めている裁判は5月16日、東京地裁で第2回裁判を行いました。裁判では、第1陣(19名)と第2陣(3月提訴、9名)を併合して裁判が行われることが決まり、第2陣の原告代表が意見陳述しました。この裁判はオランダ本国でも注目され、大手新聞「テレグラフ」は「KLM、差別で訴えられる」(5月7日付)との見出しで原告らのインタビュー記事を掲載しました。

5月8日
5月1日は第90回メーデー。東京代々木公園で開催された中央メーデーには28000人が参加しました。航空連は、空の安全を守ろう、JAL争議やエミレーツ争議の解決、KLMの無期転換逃れは許されないと訴え、代々木公園から約2キロメートルをデモ行進しました。